トップ

年末の印刷業者の売れ筋

年末の挨拶と印刷

はがきサイズ

年末のカレンダー印刷

年末の企業のあいさつ回りにカレンダーというのは定番商品であると言えます。自社の広告を印刷して作ったオリジナルの製品を取引先に配って回ることは非常に意味のある行動であり、飾ってもらえる事に成功すれば1年間は会社の名前を公告しながら役に立ってくれることになります。この様な宣伝効果を期待して壁掛け、あるいは卓上のカレンダーを制作して配布するという習慣があります。このことは年末の印刷業者の売れ筋商品であり、数多くの需要を受けて販売する仕組みになっています。この様な習慣は毎年継続して繰り返されており、今年も同じように製造されることになります。

オリジナルのカレンダー

日々の業務に追われている。次のスケジュールがなんだったか。明日の予定、一週間後の予定、一か月後の予定。スケジュール帳を持ち歩くのはサラリーマンとしてのあるべき姿であるものの、当然仕事は個人だけでできるものではありません。スケジュールを管理することにおいて、それらを一統管理するカレンダーは必要です。それらをネット上のクラウドコンピューターで管理するということも可能ですが、突発的に生じた事案にデジタルの文字でそれらの予定を知らせるというのもいかがなものでしょう。会社にひとつ、独自で印刷したオリジナルのカレンダーがあり、それに書き込むことができれば、そこにユーモアも生まれるはずです。日々を生きる日常くらいは、デジタルでなくオリジナルで印刷するという選択も、あって然るべきものです。

↑PAGE TOP